【完全版】「ポータブル電源」の機能と選び方【防災・非常用電源】

ポータブル電源の機能と選び方
kiwi

どうも、プレッパーのkiwiです。

皆さんは「ポータブル電源」って知っていますか?

「ポータブル電源」は、キャンプや車中泊などのアウトドアや、災害などの非常時に備えるアイテムとして、最近注目を集めているものです。

非常用電源として、防災対策に必要不可欠となる存在として定着してきています。

そこで今回は、「ポータブル電源」の特徴とその選び方について紹介します。

目次

ポータブル電源とは?

ポータブル電源を簡単に説明すると、「モバイルバッテリーの大容量・多機能版」って感じです。

大型な見た目通りに大容量かつ高出力なので、扇風機やIH調理器具、冷蔵庫まで動かすことが出来てしまいます。

様々な電気製品に電気を供給する特性上、多くの出力方式と安全管理システムを備えていることが多いです。

モバイルバッテリーとの違い

モバイルバッテリーのイラスト

いま多くの人に普及している「モバイルバッテリー」と、「ポータブル電源」の違いは何でしょうか。

ざっくりと説明すると、「AC100V交流電源出力の有無」「容量と定格出力の大きさ」「機器の大きさ」が違います。

kiwi

詳しく比較してみましょう。

スクロールできます
比較項目ポータブル電源モバイルバッテリー
容量100Wh~5000Wh100Wh以下
入力ポートAC電源・USB・シガーソケット・ソーラーパネルUSB・ソーラー充電
出力ポートAC電源・USB・シガーソケット(DC)・スマホのワイヤレス充電USB・スマホのワイヤレス充電
定格出力2000W以上100W以下
航空機持ち込みNGOK
大きさ手のひらサイズ以上手のひらサイズ

ポータブル電源は、家庭用家電のコンセントをぶっ刺して使える、容量・定格出力・サイズの大きい蓄電池です。

発電機との違い

発電機のイラスト

「ポータブル電源」が普及される前の非常用電源は「発電機」がトップの座に君臨していました。

それでは、「ポータブル電源」と「発電機」の違いは何でしょうか。

kiwi

詳しく比較してみましょう。

スクロールできます
比較項目ポータブル電源発電機
サイズと重さ比較的軽量(持ち運べる重さ)軽いものでも10kg以上
電力供給の方法蓄電したものから供給燃料を使って発電して供給
使用可能時間蓄えた電気を使い切るまで燃料が切れるまで(燃料を補給すれば延長可能)
静音性静か発電の音が大きい
室内利用OK排気ガスがあるためNG

燃料を使って発電しているのが「発電機」で、蓄えた電気を使うのが「ポータブル電源」ということです。

crow

発電機は燃料の保管がネックですね。

kiwi

ポータブル電源の方が、SDGs的にクリーンだと言われています。

ポータブル電源の基本機能・性能

まず、ポータブル電源の基本的な機能や性能について知っておきましょう。

基本機能・性能
  • サイズと重量
  • バッテリー容量
  • 定格出力
  • 最大出力
  • AC出力波形
  • 出力端子の種類と数
  • 充電方法
kiwi

上記の機能・性能は最低限知っておく必要があります。

サイズと重量

ポータブル電源のサイズと重量は、バッテリー容量の大きさに比例して大きくなっていくのが普通です。

さらに多機能のものは、それ相応に大きさと重量が大きくなってしまいます。

アウトドアで持ち運ぶことを主な使途とする場合、なるべくサイズが小さくて軽いものが便利です。

バッテリー容量

新しい容量満タンのバッテリー

ポータブル電源のバッテリー容量は、「蓄電量(充電容量)」のことです。

蓄電量(充電容量):蓄電池が貯めることが出来る電力量の上限のこと。

容量の単位は「Wh」で、電気製品を何時間使用できるかが分かります。

例えば、100Wの電気製品を5h(時間)使用したい場合、「100W ×5h(時間)=500Wh」となり、500Wh以上の充電容量が必要となるのです。

どれだけ電力を使うか想定したうえで、想定使用電力量よりも充電用量に余裕のあるポータブル電源が必要となります。

定格出力

ポータブル電源における「定格出力」とは、ポータブル電源の充電が残っている限り、安定して供給し続けることが出来る電力量のことです。

私が所持しているものは定格出力1000Wですので、充電が切れるまで1000Wを供給し続けることが可能となっています。

ポータブル電源の「定格出力」が、使用したい電気製品の「消費出力」を超えていないといけないので、注意しないといけない項目です。

消費電力:電気製品が機能を発揮するために必要な電力の総計

(瞬間)最大出力

ポータブル電源には「瞬間最大出力」というものがあり、瞬間的に出力できる最大電力のことを指します。

電気製品には「起動電力」といった、瞬間的に大きな電力を必要とする場合があります。

起動電力:電化製品の使い始めに消費電力の倍以上の電力が必要となる。

ポータブルの「瞬間最大出力」が使用する電気製品の起動電力を超えていないと、うまく動作しない場合があるので注意しましょう。

AC出力波形

コンセントから供給される電流はAC出力です。「Alternating Current」の略がACで、「交流」という意味です。

AC出力は交流の電流で、規則正しい「波形」を描いており、正弦波・修正正弦波(疑似正弦波)・矩形波の3種類があります。

電気製品の中には、精密機器であるほど「正弦波」でしか動かないものもあります。しかし、修正正弦波や矩形波でしか動かない電気製品はありません。

そのため、ポータブル電源のAC出力が「正弦波」か「純正弦波」である必要があります

出力端子の種類と数

ポータブル電源には以下の3種類の出力端子が備わっているのが主流です。

出力端子の種類
  • AC100V
  • USB Type-Aポート・USB Type-Cポート
  • シガーソケット(DC)

使用した電気製品に合った出力端子の種類と数に合うポータブル電源である必要があります。

コンセントに刺す電気製品にはAC100Vが、スマホなどにはUSMポートが、車載用冷蔵庫などにはシガーソケットが必要です。

充電方法

ポータブル電源の充電方法には、以下の3種類が備わっているのが主流です。

入力端子の種類
  • AC100V充電
  • ソーラーパネル
  • シガーソケット(DC)

コンセントや自動車のシガーソケットからの充電は基本的にどのポータブル電源にも備わっています。

非常用として重視すべきはソーラーパネルでの充電です。

災害での停電時のことを考えると、ソーラーパネルによる充電は必須の機能と言えます。

チェックすべき拡張機能・性能

kiwi

基本機能・性能以外にもチェックすべき項目を紹介します。

チェックすべき拡張機能・性能
  • 安全管理システム・認証
  • パススルー(充電しながら使用)機能の有無
  • LEDライト
  • 急速充電機能
  • 周波数・電圧

安全管理システム・認証

近年の充電池には、主に「リチウムイオン電池」が採用されています。

しかし、「リチウムイオン電池」には過充電・過熱・過放電などの異常や爆発の危険性があるのです。

そのため、リチウムイオン電池には様々な安全策が施されています。

この安全策はポータブル電源のメーカーによって違いがあるので、チェックが必要です。

安全策・認証
  • BMS(バッテリーマネジメントシステム)
  • PSE、Qi、RoHS、FCCなどの認証
  • 点過電圧保護過負荷保護出力短絡保護過熱保護低温保護など
crow

いろいろな安全管理システムや認証が存在しますね。

パススルー(充電しながら使用)機能の有無

見落としがちですが、絶対に必要な機能の1つが「パススルー機能」です。

パススルー機能は「充電しながら放電を行う」機能となっています。

これに対応していないポータブル電源の場合は、充電中に給電することが出来ません。

アウトドアでソーラーパネル充電しながら使ったり、車中泊でシガーソケットから充電しながら使うことも考えると、パススルー機能は絶対に必要です。

kiwi

この機能がないと、正直使い物にならないです。

LEDライト

ポータブル電源のLEDライトが点灯している写真

ポータブル電源にLEDライトが付いていると、意外と重宝します。

懐中電灯として持ち歩くのには向きませんが、ランタンとして活躍してくれます。

災害時やアウトドアで役に立つので、LEDライトの有無も確認してみましょう。

急速充電機能

ポータブル電源を充電する速度は、速い順に「AC>シガーソケット>ソーラーパネル(不安定)」となります。

しかし、1番速いAC充電でも充電時間はかなり長いです。

最近はその問題を解決できる「急速充電機能」が出てきました。

中でもEcoFlowは1時間で80%充電できる急速充電機能「X-Streamテクノロジー」が業界最速と言われています。

他にも、「デュアル充電」といって、ACを2つ使用して急速充電する機能を持つポータブル電源も開発されました。

crow

充電時間が最大のネックだったので、この機能は重要です!

周波数と電圧

コンセント

実は、AC100Vの国って日本だけらしいです。

そのため、ポータブル電源のAC出力の電圧が110Vや120Vで、電気製品と電圧が合わないこともあります。

110Vや120Vのポータブル電源に100V専用機器を接続すると、機器の故障や破損の原因となってしまうので注意が必要です。

日本で使うのなら、出来ればAC100Vのポータブル電源をおすすめします。

もし、購入したポータブル電源と電気製品との電圧が合わない場合は、変圧器を利用してみましょう。

また、日本国内でも周波数の違いで不具合が出る場合もあります。

東日本が50Hzで、西日本が60Hzとなっており、ポータブル電源は周波数切り替え機能があるものを選びましょう。

ポータブル電源の選び方

kiwi

ポータブル電源の選び方を紹介します。

crow

条件で絞り込んで選ぶのが、失敗しないコツです。

ポータブル電源の選び方
  1. 使う用途を決める
  2. 定格出力・瞬間最大出力・充電容量で絞り込む
  3. 出力端子の種類と数で絞り込む
  4. AC100V・DC・ソーラーパネルでの充電が出来るものに絞り込む
  5. 純正弦波のAC出力のものに絞り込む
  6. パススルー機能有りの物に絞り込む
  7. 電圧が100Vで、周波数の切り替え機能有りのものに絞り込む
  8. 安全対策・保護機能・認証で絞り込む
  9. サイズと重量、価格で選ぶ

使う用途を決める

まず最初に用途を決めることで、購入するポータブル電源の充電容量をある程度決めましょう。

スクロールできます
用途充電容量
普段使い100Wh以上
アウトドア夏季:350Wh以上 冬季:500Wh以上
非常用1000Wh以上

充電容量で選ぶポータブル電源を絞った後は、使いたい電気製品の消費電力や端子によって、定格出力・最大出力・出力端子の種類と数を決めます。

電気製品には消費電力が記載されていますので、使いたい電気製品の消費電力や端子に合わせてポータブルの電源を選びましょう。

純正弦波、ソーラーパネル充電、パススルー可能なものだけ選ぶ

ポータブル電源の機能・性能で、知らないと見落としがちなのが、「純正弦波」「ソーラーパネル充電」「パススルー機能」の3つです。

これらの機能・性能が無いと、とても使いづらいポータブル電源だと言えます。

「純正弦波」「ソーラーパネル充電」「パススルー機能」の3つの機能・性能があるものだけを選びましょう。

kiwi

超重要な機能・性能ですので、忘れずにチェックしてください。

AC出力100Vで、周波数切り替え可能なものを選ぶ

日本のみでポータブル電源を使うのならば、AC出力が100Vの物を選んだ方が絶対に良いです。

110Vや120Vのポータブル電源を選んでしまうと、電気製品の故障や動作不良を招きますし、変圧器を購入する必要が出てきてしまいます

また、50Hzと60Hzの周波数切り替え機能は必須と言えます。見落とすと思わぬ危険を招くこともあるので注意しましょう。

+αの機能・性能、安全管理・認証、サイズ、重量、価格などで最終決定

上記の条件での絞り込みによって、購入したいポータブル電源は大分絞られているはずです。

拘りたい+αの機能・性能があれば、それを条件に入れて再び候補を絞り込みましょう。

機能や性能が要求を満たしているのならば、後は好きなメーカーや見た目、安全性、コスパなどの自分を満足させる項目で最終決定をして、無事にポータブル電源購入です!

crow

安全性やコンパクトさ、コスパの良さで決めましょう。

kiwi

条件での絞り込みにミスが無いか、確認するのも忘れずに!

まとめ

kiwi

ポータブル電源の選び方は以下の通りです。

ポータブル電源の選び方
  1. 使う用途を決めて、定格出力・瞬間最大出力・充電容量・出力端子の種類と数で絞り込む
  2. ソーラーパネル充電純正弦波パススルー機能有りの物に絞り込む
  3. 電圧が100Vで、周波数の切り替え機能有りのものに絞り込む
  4. 安全対策・保護機能・認証サイズと重量、価格などで最終決定する

我が家はこの選び方で「TogoPower ADVANCE 1000」の購入を決めました。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

ランキング参加中!応援よろしく!

にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ サバイバル術・グッズへ にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
Preppers Note~プレッパーズノート~ - にほんブログ村
ポータブル電源の機能と選び方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次